三保松原

 平成25年度、富士山構成資産として世界文化遺産に登録された三保松原はその美しさから日本新三景日本三大松原のひとつとされています。羽衣伝説の舞台でもあり、天女が舞い降りて羽衣をかけたとされる「羽衣の松」があることから、付近の御穂神社には羽衣の切れ端といわれるものが保存されています!  

 

けるみー


しかし、三保松原の松は松枯れ進んでいます。 松枯れの主な原因は世界遺産に登録されたことにより、観光客が増えた反面、観光バスなどの乗り入れが一気に増加し、局地的な一酸化炭素濃度の上昇が主な原因と考えられています。 (美しい松原を後世に残すため、新駐車場より徒歩でお越しください。)